プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガブリエル・ジェススの「電話」祝ゴール・ジェスチャーの真の理由

<<   作成日時 : 2017/02/09 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(2/9)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■ガブリエル・ジェススの「電話」祝ゴール・ジェスチャーの真の理由

ガブリエル・ジェススがスウォンジー戦でマンチェスターシティの決勝ゴールを上げた時の「電話」ジェスチャーについて、コミックのような話が流れました。でも、それは偽のアカウントがねつ造した作り話だと判明しました。

画像

その偽のアカウントは、ガブリエルが元彼女にふられた(=電話に出てくれなくなった)のに、未練がましく「マンチェスターに来たから話してくれる?」と懇願している、というものでした。

しかし、その作り話は(そっちの方がウケる内容ですが)全くの嘘で、真相は異なるものだったことが判明したのでした。

ガブリエル・ジェススが「電話」祝ゴールを最初にやったのは、ブラジル代表チームでのベネズエラ戦(2-0でブラジルの勝ち)で得点した時のことでした。その試合ではネイマールに代わって、ガブリエルが出たものです。

その試合の前に、ガブリエルのお母さんのベラ・ルシア・ディニス・デ・ジェススが、息子に電話して激励したのでした。

そしてお母さんは、ブラジル代表チームで息子が得点した試合の後で、電話して「お前は2回もオフサイドを取られた。しっかり見てなければダメよ」と叱ったそうです。

「僕のお母さんは、僕が得点したことを褒めてくれるどころか、オフサイドのことを叱ったのだから」と、ガブリエルは明かしたそうです。

お母さんは、息子と一緒にマンチェスターに引っ越し、今でも息子の面倒を見ている、という凄いお母さんです。なんと、息子の給料はお母さんが全て管理し、息子に「お小遣いを上げる」という具合に家計を仕切っているそうです。

尚、ブラジル代表チームでは、ガブリエルの「電話」祝ゴールが次第に波及し、チームメートもマネするようになりました。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガブリエル・ジェススの「電話」祝ゴール・ジェスチャーの真の理由 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる