プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS マンチェスターのフットボール10大伝説(作り話)

<<   作成日時 : 2017/03/28 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(3/28)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の(シティ・ページの)記事です。

■マンチェスターのフットボール10大伝説(作り話)

フットボール界には、伝説(作り話)がごろごろしています。それは、ライバル・ファンが作った話が伝説として住み着いたものが多いと言えるかもしれません。

そして、マンチェスターのライバル意識も、事実やら作り話が乱れ飛んで、さらにライバル・ファン同士が尾ひれを付けて膨れ上がったものが多く存在しています。

さて、以下は、その10大伝説(作り話)です。

●ユナイテッド・ファンは世界に659百万人いる

この「659百万人」という数字は、非常にあやしいものです。これは、この統計を出した団体が、実は「ファン」というよりは、ユナイテッドを「知っている程度」の人数を集計したのではないかと見られています。つまり、ユナイテッドの試合も見るが、他のチームの試合も同じように見ている人の数、ということです。

ちなみに、これは世界各国のTV視聴者数から割り出したものだそうです。

●「シュガー・ダディ」(お金持ちのオーナー)を持っているのはシティだけ

ユナイテッド・ファンの決まり文句は、「シティがシュガー・ダディのお蔭で今のチームになった」というものです。言うまでもなく、2008年のオーナー交替のことを指します。

もちろん、それは間違いではありません。

しかし、1931年にビジネスマンのジェームズ・ギブソンがユナイテッドを倒産から救い、選手の給料を払って、今のクラブの土台を作ったという歴史があります。

●ユナイテッド・ファンはマンチェスターの住民はいない

これは、マンチェスターで生まれ育った、もしくは、一定期間住んだことがある人ならば、全くの虚偽であることは知っています。

ユナイテッドは、もちろん、世界中にファンがいます。でも、コアとなるファンは地元に根差しています。

2001年の調査では、シティのシーズン・チケット・ホルダーのうちマンチェスターの住民は6,678人、ユナイテッドは7,808という真相が公表されています。

●リバプールとのライバル意識はフットボールが起因している

マンチェスターとリバプールというイングランド北部のに大都市のライバル意識は、フットボールよりも遥かに昔から存在しました。その歴史は200年に及びます。いっぽう、フットボール界のライバル意識は20世紀になってからのものです。

●シティは歴史がない

「歴史」というと、通常は「トロフィーを持っている」という意味で使われます。その意味では、シティはマンチェスターの中では最初にメジャーなトロフィーを取ったクラブでした。それは1904年のFAカップです。第二次世界大戦以前では、シティは2、ユナイテッドは僅か1でした。

●シティ・ファンはみなストックポートの住民
(※ストックポートは、マンチェスター市の隣町)

これも同じで、ストックポートを知っている人なら、これも虚偽であることが明らかです。2001年の統計によると、シティ・ファンのシーズン・チケット・ホルダーでストックポートの住民は2,680、ユナイテッドは2,084 と、比較的均衡を保っています。

●シティがフットボールをダメにした

これは2008年のオーナー交替を境にマンチェスターのフットボールが「優位交替」したことを指し、「お金でトロフィーを買った」という非難の代名詞でもあります。

もちろん、お金があるクラブが優位に立つ傾向は否定できません。1930年代のアーセナル、そして1990-2000年代のユナイテッドが証明しているように。

●オールド・トラッフォードは記録的な少ない観客数の試合を持っている

1921年にオールド・トラッフォードで行われたストックポート対レスターの試合は、公式には、13人という観客数でした。(スタジアム・クローズ処分のため、この試合がオールド・トラッフォードで行われました)

しかし、その13という数字は、その試合の前にユナイテッド対ダービーカウンティの試合を見に来たファンが、そのまま残って試合を見ていた数字は含まれていません。

●デニス・ローがユナイテッドを降格に追いやった

元ユナイテッドのデニス・ローが、シティの選手として1974年にユナイテッドを2部に落とした、というのは有名な話です。

でも、このシーズンのユナイテッドは、仮にシティに勝っても(実際は1-0でシティが勝ちましたが)、他の試合に負けて降格する可能性はあったので、この伝説も真相とは言い切れません。

●ユナイテッドは常にマンチェスターの最大のビッグ・クラブだった

シティは、第二次世界大戦以前には、マンチェスターのNo.1ビッグ・クラブでした。そして、観客数で見ても、シティの方が1900-1939年までの36シーズンのうち30シーズンで優っていました。
●ファンの反応

「2001年の統計がいまだに引用されるというのはどうかと思う。というのは、2001年にはシティはメイン・ロードをホームとしていた。収容人数35,150人のスタジアムだった。対するユナイテッドは、当時の平均観客数は67,070。分母が2倍なのだから、比較するのは無謀というもの。シティの新しい統計が欲しいものだ」(シティ・ファン)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マンチェスターのフットボール10大伝説(作り話) プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる