プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョゼ・モウリーニョがスーパーカップの準優勝メダルを少年ファンにプレゼントした理由を明かす

<<   作成日時 : 2017/08/09 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(8/9)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■ジョゼ・モウリーニョがスーパーカップの準優勝メダルを少年ファンにプレゼントした理由を明かす

ジョゼ・モウリーニョは、昨夜のスーパーカップの表彰式で敗者メダルを受け取りました。そして、その直後にスタンドのマンチェスターユナイテッド・ファンの少年にそのメダルをプレゼントしたのです。

もちろん、モウリーニョがこのような記念品をひとに上げてしまう慣習は有名です。

それは2015年のコミュニティシールドでも同じことでした。チェルシー監督だったモウリーニョは、アーセナルに敗れて授与された敗者メダルを、スタンドのファンにプレゼントしたのです。

ちなみに、モウリーニョがプレゼントするのは敗者メダルだけではなく、優勝メダルも同じ運命です。2006年にチェルシーがプレミアリーグ優勝した時のメダルをスタンフォードブリッジのスタンドのファンにプレゼントしたのですから。

さて、昨夜の2-1で敗れた試合の後の「敗者メダルのプレゼント」について、モウリーニョが説明しました。

「私は、勝った時ですら、記念品を持ち帰ることはしない」と、モウリーニョは語りました。
「ましてや、負けた時にはどうなるか、わかりますよね?」

「私にとっては、メダルは(持ち帰れば)自宅のどこかに保管する。でも、あの少年にとっては、メダルはまるで月に到達したかのようなもの」。

「あの少年は、きっとあのメダルを大切にして、時々思い出してくれるだろうと確信している」。

「あの少年は、マンチェスターユナイテッドのシャツを着た小さな子供だった。私は、あの少年がどこの住民なのかすら、わからない」。

「でも、あの少年は、永遠に忘れられないものを得たのだ。それに比べて、私は。私にとっては、勝った時ですらメダルは大きな意味を持っていない。負けた時のメダルならなおのこと」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョゼ・モウリーニョがスーパーカップの準優勝メダルを少年ファンにプレゼントした理由を明かす プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる