プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS リバプールvセビーリャ(CL):ユルゲン・クロップが、ロリス・カリウスを選出した理由を語る

<<   作成日時 : 2017/09/13 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばらく前からリバプール陣営内で噂に上がっていた「今季のCLのGKはロリス・カリウスに決まった」説は真相たったようです。尚、噂では、今季はプレミアリーグではミニョレがGK、CLではカリウス、国内カップ戦ではダニー・ウォードが出場することが内定しているということです。

以下は、本日(9/13)のリバプール・エコー紙の記事です。

■リバプールvセビーリャ(CL):ユルゲン・クロップが、ロリス・カリウスを選出した理由を語る

ユルゲン・クロップは、今日のアンフィールドでのCL戦でロリス・カリウスがゴールを守る「決定」について、理由を語りました。

多くの目には「クロップのギャンブル」と映るこの選出について、ジャーナリストから質問されてクロップは即答しました。

「私は既にGKは誰かということを決めていた。選手たちにもはっきり言った。事情が変わらない限り、ロリスがスタートする、と」。

シーズン開幕直前に、クロップははっきりと「シモン・ミニョレがNo.1」と語りました。それが変わったのはなぜ?という質問に、クロップは答えました。

「なぜ?私は、そのような質問が出ることが信じられない」。

「シモンがNo.1で、他のキーパーをまったく試合に出さないとしたら、どうなりますか?」

「もちろん、トレーニングで良くない状況とか、そういう理由があれば話は別。でも、しっかりやっていて実力を証明している選手たちに対して、試合に出す機会を与えなければどうなります?」

「そうなれば、わがクラブは毎年No.2のGKを探さねばならなくなる。たぶん、33歳くらいで、ボールをキャッチする能力はあって、で、試合に出なくても我慢できる、という選手を。そんな選手、いますか?」

「私は、能力のあるゴールキーパー数人がいて、試合に出るチャンスを得ている状況の方が望ましいと思っている。ロリスに関して言えば、アーセナル戦ですでに実績を作った。」

「もちろん、あの試合はゴールキーパーがものすごく活躍したような内容ではなかった。でも、それは結果であって事前にはそんなことはわからなかった」。

「私は、誰がNo.1でNo.2でNo.3、と固定してしまうつもりはない。永遠にその順番が変わらなかったら?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リバプールvセビーリャ(CL):ユルゲン・クロップが、ロリス・カリウスを選出した理由を語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる