プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアリーグの「自クラブのアカデミー出身選手の出場時間」ランキング

<<   作成日時 : 2017/11/14 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(11/14)のリバプール・エコー紙のエバトン・ページの記事です。

■プレミアリーグの「自クラブのアカデミー出身選手の出場時間」ランキング

エバトンは、ある部門のランキングでプレミアリーグのトップを争う位置につけていることが判明しました。それは、自クラブのアカデミー出身選手の出場時間の統計です。

その統計によると、エバトンは今季これまでのカップ戦を含む全試合で、エバトンのアカデミー出身選手を出場させた時間はアーセナルに次ぐ2位です。

具体的には、アカデミー出身選手の出場時間合計は3367分です。対象選手1人につき842分(9.4試合)となります。

この統計で対象となる「自クラブのアカデミー出身選手」とは、アカデミーチームからデビューした選手です。デビューは他のクラブで達成した選手は、アカデミーチームの在籍がいかに長くても対象にはなりません。

以上のクライテリアを満たすのは、ウェイン・ルーニー(1424分)、トム・テイビス(1020分)、ジョンジョ・ケニー(644分)、ベニ・ ベナンジム(279分)です。

尚、首位のアーセナルは13人のアカデミー出身選手を出場させ、合計は4302分(一人当たり359分、4試合)です。

以下は、プレミアリーグの「自クラブのアカデミー出身選手の出場時間」ランキングです。

アーセナル: 4,302
エバトン: 3,367
マンチェスターユナイテッド: 2,332
トットナム: 2,168
ブライトン: 2,111
ハダースフィールド: 1,493
ウエストハム: 1,214
チェルシー: 1,147
レスター: 1,089
リバプール: 829
クリスタルパレス: 711
ワトフォード: 552
サウサンプトン: 456
WBA: 213
ニューカッスル: 212
マンチェスターシティ: 90
ボーンマス: 90
ストーク: 73
バーンリー: 0
スウォンジー: 0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレミアリーグの「自クラブのアカデミー出身選手の出場時間」ランキング プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる