プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS リバプールがナビ・ケイタの移籍時期繰り上げ(1月に)でライプツィヒと交渉へ

<<   作成日時 : 2018/01/11 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(1/11)のリバプール・エコー紙の記事です。

■リバプールがナビ・ケイタの移籍時期繰り上げ(1月に)でライプツィヒと交渉へ

リバプールは、ナビ・ケイタの加入時期の繰り上げに関して、正式にライプツィヒと交渉する方向性を検討しています。

すでにケイタの来季からの契約は結んでいますが、それを1月に前倒しすることで、今季残り日程の戦力穴埋めに最適という判断を、ユルゲン・クロップが真剣に検討しているということです。

ケイタの筋では、本人は来季まで待つのではなく今すぐにリバプールいりを希望しているということです。従って、ライプツィヒがOKすれば成立する可能性は高いと見られています。

尚、ドイツのメディアは、ライプツィヒは(既に決定している移籍金に加えて)£13mを支払うことで合意する方向性と報道しています。ただし、本誌の情報では、リバプールはまだライプツィヒから正式な話は受けていないということです。

そして、もし(ドイツの報道が真相だとしたら)リバプールとしては金額を正式に話し合って話を決めたいという意向です。

ケイタがもし1月に入った場合、CLには出られません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リバプールがナビ・ケイタの移籍時期繰り上げ(1月に)でライプツィヒと交渉へ プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる