プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS トレント・アレクサンダー・アーノルドが8歳の小児麻痺の少年に「幸運のひと時」をプレゼント

<<   作成日時 : 2018/05/15 22:11   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/15)のリバプール・エコー紙の記事です。

■トレント・アレクサンダー・アーノルドが8歳の小児麻痺の少年に「幸運のひと時」をプレゼント

トレント・アレクサンダー・アーノルドは、先週日曜日のプレミアリーグ最終日(対ブライトン、試合結果は4-0でリバプールが勝ち)の試合後のラップ・オブ・アプリシエーション(※選手が家族や親しい人を伴ってピッチを一周し、スタンドのファンにシーズン中の応援のお礼とあいさつをする式典)で、8歳の小児麻痺の少年ルイスの車いすを押した姿が見えました。

そして、その時の写真を自分のSNSにアップしました。

画像

(僕と親友のルイス!彼のことを誇りに思っている)

同時に、ルイスのお父さんがこの話を明かしました。

「試合の前の夜にトレントのお母さんが来て、ルイスをブライトン戦の試合とラップ・オブ・アプリシエーションに招待してくれるチケットをくれた。選手のラウンジへのパスと一緒に」

「ルイスは、日々の生活では幸運だと感じることはあまりない。クラスメートが走り回る姿を見て羨ましいと思うことが多くて。でも、この日は自分は幸運だと感じたと思う」

「このようなことは、夢にも思わなかったこと。トレントとお母さんには、お礼の言葉もないくらい」。

トレントがルイスについて本紙に語ったのは2月のことでした。その前の9月に6時間に及ぶ手術をしたルイスを、トレントはサポートしているのだと。

「僕と僕の母は、ルイスのご一家と非常に親しくしている。だから、頻繁にルイスとは会っている」とトレントは語りました。

「ルイスの状況を見るために2-3回、ルイスのうちを訪問した」。

「ルイスが僕を見る目は、本当に僕のことを慕ってくれているという目だ。だから、ルイスが病気との戦いに少しでも頑張れるように、サポートすることが必要だと思っている」。

「だから、定期的にルイスを訪ねて、ルイスのジャーニーをサポートしている」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレント・アレクサンダー・アーノルドが8歳の小児麻痺の少年に「幸運のひと時」をプレゼント プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる