プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リバプールと対戦したとは孫に語って聞かせたい程のこと」とチェスターのフォワードが感激を語る

<<   作成日時 : 2018/07/09 22:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(7/9)のチェスターの地元紙チェスター・クロニクルの記事です。

■「リバプールと対戦したとは孫に語って聞かせたい程のこと」とチェスターのフォワードが感激を語る

チェスターのマット・ヒューズにとっては、土曜日にユルゲン・クロップのチームと対戦したことは、これまで夢でしかなかったものでした。

ナビ・ケイタ、ファビーニョ、ジェームズ・ミルナー、ロリス・カリウス、アンディ・ロバートソン、ダニエル・スタリッジという面々が出場した試合は、結果は7-0と一方的でしたが、しかしチェスターの選手たちにとってどれほどのことだったでしょうか。

「現実とは思えないことだった」と、マット・ヒューズは語りました。

「ユルゲン・クロップは、僕らが試合前にウォームアップしている様子をじっと見ていた。正直、僕はちょっと上がってしまった」。

「だから、クロップから引っ張られるとは思わない!」と、ヒューズは笑いました。

「僕は熱烈なリバプール・ファン。だから、実際にあの試合で対戦した選手たちは僕にとってはヒーロー。」

「これは一生忘れられない思い出になるというもの。孫に語って聞かせたいほどの」。

試合後に、ヒューズはリバプールのアルベルト・モレノとシャツを交換しました。この試合は、イングランド代表チームの準々決勝とぶつかっていたにもかかわらず、ほぼ満席となったのでした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「リバプールと対戦したとは孫に語って聞かせたい程のこと」とチェスターのフォワードが感激を語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる