プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショーン・コックスのご家族がリバプールの人々のサポートに感謝のメッセージ

<<   作成日時 : 2018/05/09 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/9)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ショーン・コックスのご家族がリバプールの人々のサポートに感謝のメッセージ

CL準決勝1戦目の試合前に、アンフィールドのコップ・エンドに面する道路上でローマのフーリガンに襲われて頭に重傷を負ったショーン・コックスは、2週間経つ現在、手術後の集中看護下にあります。医療上の判断によりまだ意識は回復できていない状態です。

アイルランド在住で53歳、リバプールの試合には頻繁に駆けつけるショーン・コックスの、このひどい事件に際して、リバプールおよびローマの選手やファンから、ずっとサポートが続いています。

その中には、ローマでの準決勝2戦目を控えてローマの選手一行が「Forza Sean(ショーンへ、頑張ってください)」と言うメッセージのシャツを着てトレーニングを行いました。

また、リバプールの選手たちは、決勝進出決定の後に「ショーン・コックスへ。あなたは決して1人では歩きません(You'll Never Walk Alone)」のバナー(※)のバナーを掲げました。
画像

※スタンドのファンが持っていたものをチーム一行が借りて、ピッチの上で掲げたものです(写真の通り)。

加えて、ローマおよびリバプールのファンから毎日お見舞いとサポートのメッセージやカードが届いています。

そして、ショーン・コックスのご家族が、それらに対する感謝の声明を出しました。

「家族として、2週間前にショーンがこのようなことになってからというもの、多くの方々から受けているサポートには感激させられています。

ウォルトン・センター(病院)の有能なスタッフが今もショーンを看護してくれています。そして、我々家族が来た時からずっと、マージーサイド警察のスタッフからは、非常に気を使った対応をしてもらっています。

家族にとっては非常に辛い状況ですが、皆さんの思いやりのお蔭で救われています。

そして、リバプール市の住民の方々、アイルランドの方々がショーンに対して見せてくれているサポートには、感謝の言葉も見つからないくらいです。

この土地が、多くの人々から寛大で人の痛みがわかる住民だという評判を得ている理由がよくわかりました。

今も、毎日この国中から、アイルランドから、カードや手紙が届かない日はありません。それは、私たちにとっては大きな励みになっています。

ショーンは今も重体にあります。しかし、彼は闘士だし、優秀な医療スタッフがみてくれているので、きっと回復するものと信じています。

再び元気になって、家族の元に戻ってきて3人の子供の父親として、また元の状況に戻ることを。

同時に、お伝えできるニュースが出来た時には必ず、お伝えいたしますので、それまでは私たち家族のプライバシーを尊重していただけることをお願いいたします。」

この事件で、ローマのフーリガン2人が逮捕されています。この容疑者は、5月24日にリバプールの裁判所に出頭することになっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ショーン・コックスのご家族がリバプールの人々のサポートに感謝のメッセージ プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる