プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユルゲン・クロップがアンフィールドでのCL戦のファンの歌を称賛「この立場でなかったら自分も一緒に歌い

<<   作成日時 : 2018/05/23 21:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/23)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ユルゲン・クロップがアンフィールドでのCL戦のファンの歌を称賛「この立場でなかったら自分も一緒に歌いたい」

ユルゲン・クロップは、アンフィールドのリバプール・ファンのヨーロピアン・ナイトのパワフルさについて称賛しました。

「ヨーロピアン・ナイトについては、前から噂は何度も聞いていた」と、ユルゲン・クロップはかたりました。「でも、実際にリバプールに来て、それがいかにスペシャルか実感した」。

「マンチェスターシティ戦と、ローマ戦の開始から50-60分は、おそらく私が経験した中で最高のフットボールだと思う」。

「本当に信じられない程にすごかった。言葉では表現できないくらいに」

「チームとファンが一体化すると、我々は止めることができない戦力。スタジアム全体がすごく、本当に止めることができない強さだった」

そして、クロップは、スタンドのファンの歌の大ファンになったと語りました。

「‘Allez Allez Allez’は新しい歌?いやずっと昔からあるのかと思った」。

「たぶん、あまりにも頻繁に聞いているから、もう何年も前から聞いているような錯覚を起こすのだと思う」

「あの歌は本当にすばらしい。かっこいい歌だと思う!」

「いや、全ての歌が。創造性に富んでいて、信じられないくらい素晴らしい。モー・サラーの歌は、明らかに素晴らしい。ボビー・フィルミーノの歌はあるんだっけ?サディオは?ある?二つずつある?いやー、誰が作ったかわからないけど、注文したいくらい!」

「100%正直な話だが、私はサポーターの歌を動画で見ている。というのは、私はこのような歌にこれまでの人生で出会ったことがないから」。

「もし、私はフットボール界に入らなかったら、私はスタンドに行ってサポーターと一緒に歌うだろうと思う」

「100%正直な話!」

「時々、本当にそうしたいという気持ちになるくらい。特に、家族が、スタンドでどのような歌になっているか教えてくれる時に、本当にそうしたいと思ってしまう。だから、インターネットで動画を見て楽しんでいる」

「リビングルームで、動画の中で歌うサポーターの感情のこもった様子を見て、本当にうれしくなる。本当にすばらしい!」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユルゲン・クロップがアンフィールドでのCL戦のファンの歌を称賛「この立場でなかったら自分も一緒に歌い プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる