プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS シモン・ミニョレ「リバプールのチームの団結心がCL決勝でのキーとなる」

<<   作成日時 : 2018/05/25 22:03   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/25)のリバプール・エコー紙の記事です。

■シモン・ミニョレ「リバプールのチームの団結心がCL決勝でのキーとなる」

「団結が強さ」とはコップにいつも翻るバナーのメッセージです。

それは、CL決勝に臨む今のリバプールの強さであることを、シモン・ミニョレが語りました。

決勝戦でスタートするのは11人です。しかし、ここに至るまでに14試合で25人の選手が「リバプールのチームの一員として頑張った」結果、決勝進出となったのです。

「シーズンを通して、一緒に行動してきたチームメートは、まさに長いことともに過ごした仲間として団結している」と、ミニョレは語りました。

「それが、控室はいつもいいムードになっている理由。みんなが団結して力を合わせて頑張っている。誰一人として、輪から外れている選手はいない」。

「食事する時も、みんなで一緒だ」。

「みんなで一緒に会話して、ジョークを言って笑っている。みんなが全員と話をする。選手の中には、分派みたいなものもない。素晴らしい団結を維持している」。

「それは、試合に出られない選手にとっても、非常に励みになること」。

ミニョレ自身が、「試合に出られない状況」に陥ることになりました。しかし、まったく不満な顔を見せることなく、チームメートと笑顔で語りあっています。

「試合に出られないことは辛い。ベンチにいることは希望ではない。しかし、リラックスして、自分はリバプールのちーむの一員なのだと言い聞かせている。トレーニングでは全力を出して、必要が発生した時にはいつでも出られるよう準備している。」

「そして、ベンチにいる他の選手たちもみな、素晴らしい態度だ。アルベルト・モレノは、負傷してしまうまでは好調だった。アダム・ララーナは不運なシーズンを送っている。でも、チームの中では非常に重要な存在。ダニー・イングスも同じ」。

「今、負傷で欠場している選手たちもみんな、チームに貢献している。アレックス・オクスレイド・チェンバレンはチームの勝利に貢献したし、そして、素晴らしい性格で良い雰囲気を作っている」。

そして、ミニョレは、決勝戦ではレアルマドリードと「互角」だと自信を語りました。

「チームのクオリティという面では、僕は50-50だと思っている。」

「決勝戦の経験ではレアルマドリードの方が優位。しかし、それは大きな差にはならないと思っている。何故なら、一度も決勝に出たことがない選手でも10回出た選手でも同じように意欲を燃やしているのだから」。

「フロント3の攻撃力という面では、僕は完全に互角だと思っている」。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シモン・ミニョレ「リバプールのチームの団結心がCL決勝でのキーとなる」 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる