プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユルゲン・クロップが試合後の記者会見で謝罪

<<   作成日時 : 2018/05/27 20:47   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/27)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ユルゲン・クロップが試合後の記者会見で謝罪

CL決勝戦の試合後の記者会見で、ユルゲン・クロップは謝罪のコメントを出しました。

しかし、その場に集まったジャーナリストから温かい拍手が沸き起こったことは、クロップの本当の姿を反映していました。

あるウクライナ人ジャーナリストは、クロップを絶賛しました。いわく、クロップは伝統的な監督として最後の人だ、と。別のジャーナリストは、リバプールを魅力的なフットボールで決勝に導いた「業績」に対してお礼を言いました。

ただ、クロップ本人はさすがに辛い表情でした。

「決していい気分とは言えない」と、クロップは語りました。「その正反対。私はプロとして徹しようと努力しているが、でも、それは正直、難しいこと」。

「ただ、これまでに何度か言ったように、私自身は重要ではない。私は来月51歳になるし、これまでのキャリアで敗戦を何度も経験した。勝利も経験した。だから、私自身は、敗戦を受け止めることができる」。

「しかし、試合後の苦しい夜の感情は避けることはできない。我々は、とても残念に思っているし、帰国の旅は決して明るい旅にはならないだろうと思う。でも、それを受け入れねばならない」。

「我々は、全てを目指して頑張った。でも、何も得られなかった。モー・サラーの負傷を考えるとマイナスと言える。我々は、非常に重要な選手を失った。そして、たぶん、エジプトも非常に重要な選手を失うことになるのではないかと懸念している。」

「もちろん、そうでないことを祈っている」。

「しかし、最終的には、これはフットボールの試合。我々は、勝つためにできることをやり尽くした。だから、私は自分のやり方を変えるつもりはない」。

「私は全力を尽くした。でも、勝てなかった。それは受け入れねばならないこと。」

「すみませんでした」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユルゲン・クロップが試合後の記者会見で謝罪 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる