プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ファビーニョが(他からの誘いを蹴って)リバプール入りを決めた背景を明かす

<<   作成日時 : 2018/05/29 21:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/29)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ファビーニョが(他からの誘いを蹴って)リバプール入りを決めた背景を明かす

リバプールは、5/28の夕方に青天の霹靂とも言える「ファビーニョ獲得」を正式に発表しました。

モナコのディフェンシブ・ミッドフィールダーで現在24歳のファビーニョの移籍金は、当初は£39.3mですが、オプションにより最大£43.7mになる可能性を含む多額の移籍です。これは、リバプールが昨季からしばらく、ファビーニョを「狙っていた」結果、この夏早々に決定した話でした。

また、ファビーニョを狙っているクラブは多数あることが噂されていました。具体的な名前はもちろん非公表ですが、本紙の情報ではその「他のクラブ」の有力候補はマンチェスターユナイテッドとアーセナルだったものです。

そして、ファビーニョ本人が、リバプール入りを決めた背景を明かしました。

「僕は、ロベルト・フィルミーノと電話で話しをした」と、ファビーニョは語りました。「僕はブラジル代表チームで彼とは面識があったので」。

「そして、監督(ユルゲン・クロップ)とも話が出来たことは大きかった。それ以外にも、クラブのスタッフと会うことができた」。

「みんなが、僕をとてもとても歓迎してくれた。物凄く信頼してくれて、本当に僕に来て欲しいと思ってくれているのだと確信させられた」。

「会った人々みんなが、僕に自信を与えてくれた。お蔭で僕は、とても素晴らしい気持ちになれた」。

「話をしたのは、3-4週間前からのこと。」

「クラブの人々と直接会話をして、監督とも話をした。これほど僕を信頼してくれているクラブに、是非とも入りたいと思った」

「みんな、本当に僕に来て欲しいと思っている様子を見せてくれた。」

「だから、僕にとって『イエス』というのは簡単なことだった。ちょっと考えた後ですぐにエージェントに言った。そして、エージェントが僕のために移籍をまとめてくれた。」

「移籍の話がこんなに早い段階で決まったことは、とても嬉しい」。

ファビーニョは、リバプール以外のクラブから引っ張られたか?という質問に対して答えました。

「僕は、2つの選択肢があった。それは、話があった程度のものではなく、本当の選択肢だった。」

「でも、僕は他のクラブとは話す必要はないと思った」

「何故なら、僕はリバプールに入ることを決意していたのだから」。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファビーニョが(他からの誘いを蹴って)リバプール入りを決めた背景を明かす プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる