プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ガレス・ベイルがCL決勝の後でリバプールの控室を訪れ20分間「慰めの言葉をかけた」という噂の真相

<<   作成日時 : 2018/05/31 22:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/31)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ガレス・ベイルがCL決勝の後でリバプールの控室を訪れ20分間「慰めの言葉をかけた」という噂の真相

昨夜、どこからともなく「ガレス・ベイルがCL決勝戦の試合後に、レアルマドリードの控室での祝勝を抜け出して、リバプールの控室に行き20分間に渡って元チームメートのアダム・ララーナらリバプールの選手たちに慰めの言葉をかけた」という噂が出回りました。

中には、その噂を発展させて、「ベイルはマドリードに嫌気がさしており、プレミアリーグに戻りたいという意思から、リバプールの控室に行った」(=マンチェスターユナイテッドが£200mで獲得に動いているという噂に拍車をかけた)という解釈を報道しているメディアもありました。

しかし、真相は微妙に違いました。

というのは、ベイルはリバプールの控室には入らなかったのです。真相は、ベイルは20分間レアルマドリードの控室から抜け出したことは事実ですが、それはドーピングテストに選ばれたからでした。

そして、ララーナと会話した、という話も事実で、それはリバプールの控室の中ではなく、ララ―ナもドーピングテストに選ばれたため、その部屋の中で(偶然)一緒になったので会話を交わした、ということです。

更に、ウェールズ代表チームの後輩であるベン・ウッドバーンとは廊下でばったり会ったので、ウッドバーンとも会話をしました。

その間、20分間はレアルマドリードの控室にはいなかった、というのも真実です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガレス・ベイルがCL決勝の後でリバプールの控室を訪れ20分間「慰めの言葉をかけた」という噂の真相 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる