プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS スウォンジーvサウサンプトン:サウサンプトンのチーム一行が滞在先ホテル変更を強いられる

<<   作成日時 : 2018/05/08 23:32   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、プレミアリーグの残留争いは、ストークに続くあと2枠を巡って激化しています。そして、火曜日の夜にはその候補2チームであるスウォンジー対サウサンプトンの直接対決があります。

以下は、本日(5/8)のサウサンプトンの地元紙デイリー・エコー紙の記事です。

■スウォンジーvサウサンプトン:サウサンプトンのチーム一行が滞在先ホテル変更を強いられる

セインツのチーム一行は、ウェールズでの致命的に重要な一戦に臨む滞在先のホテルが、ハプニングのため変更を強いられることになりました。

セインツは火曜日にリバティ・スタジアムでスウォンジーと直接対決します。そのため、スウォンジーでの滞在先のホテルとしてマリオット・ホテルを40室抑えていました。

ところがその40室の予約が直前になってキャンセル扱いとなり、サウサンプトンのチーム一行は別のホテルを探さねばならないことになったのでした。

変更先のホテルはベル・オブ・グラモーガンで、スウォンジーのスタジアムからの距離は30分以上遠いという不便な場所にあります。

本紙の情報では、このキャンセル事件は、ホテル内で「ウィルス」が発覚したためにホテル側が「感染を防ぐため」措置を取ったものです。

サウススタンドのクラブ筋の情報によると、今回のホテル事件はマーク・ヒューズ一行にとって多大な不便を与えたもので、「重要な試合に集中すべき時に水をかけられた」措置に対して遺憾に感じているということです。

そして、本紙の情報では、マリオット・ホテルは「ウィルス」のために一時的封鎖したわけではなく通常に営業を続けているというものです。(※)

※スウォンジーの地元紙ウェールズ・オンラインによると、ホテル側は「ウィルスのため、多人数の団体予約に関してキャンセルの措置を取った」と説明しているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スウォンジーvサウサンプトン:サウサンプトンのチーム一行が滞在先ホテル変更を強いられる プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる