プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェームズ・ミルナーが今後について(引退後のことなど)語る

<<   作成日時 : 2018/07/14 21:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(7/14)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジェームズ・ミルナーが今後について(引退後のことなど)語る

ジェームズ・ミルナーは、今後の道について「いろんな可能性を検討している」ことを明かしました。これは、リバプールでの契約が4年目に入る時点での次の動きについて、です。

そしてこれは、スコットランドのメディアのインタビューで語ったものです。

現在32歳のミルナーは、まだあと4年間現役のプロとしてプレイするオプションと、コーチへの道に進むオプション、などについて考えているというものです。

「決断について検討する時期に差し掛かった時、いろんな可能性を検討することが必要」とミルナーは語りました。

「自分としては、まだこの後4年間、現役としてプレイすることも考えている。そうすれば、プロとして20年間プレイすることになる。」

「そして、このあとコーチの道に進むことを検討していた時期もあった。そうしたくないと考えた時期もあった」。

「いろんな要素を考える必要がある。例えば、僕は若手を助けることに生きがいを見出している。僕は長いこと選手生活を送ってきて、先輩に助けられた経験を持つ」。

「若手としてプロ生活を開始した直後は、大変なことがたくさんある。そんな時に、先輩に教えてもらった」。

「だから、そのようなことをやめてしまうのは残念だと思う。同時に、家族のことを考える必要もある。遠征続きで家族を放置する生活を」。

ミルナーは、2015年夏にリバプール入りしました。それは、ブレンダン・ロジャーズが監督だった時期で、スティーブン・ジェラードがLAギャラクシーに行ってしまった後のことでした。

「僕はブレンダン・ロジャーズに取ってもらった。残念ながら、一緒に働いた時期は短くなってしまったが」。

「スティービーとはイングランド代表チームで一緒にプレイしたし、彼がリバプールのスタッフだった時にも共に働いた」

「彼は、僕が一緒にプレイした選手としてはたぶん、ベスト・プレイヤーと言えると思う。彼はとても冷静で、しっかりしている。喋りまくるタイプではないので、彼が口を開く時には誰もが真剣に耳を傾ける」。

「彼はもの凄く多くの経験を持っている。僕は、彼がリバプールでコーチとして働いていた時期も見てきたし、それはとても興味深いものだった。これからはもっと興味を持っている。レンジャーズはビッグ・クラブだし、グラスゴーの半分は(ジェラードの監督就任に)歓喜しているに違いない。スコットランドにとって良いことだと思う」。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェームズ・ミルナーが今後について(引退後のことなど)語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる