プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユルゲン・クロップがジョーダン・ヘンダーソンの夏休み切り上げ願いを却下「長いシーズンのために休みが必

<<   作成日時 : 2018/07/19 22:08   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(7/19)のテレグラフ紙の記事です。

■ユルゲン・クロップがジョーダン・ヘンダーソンの夏休み切り上げ願いを却下「長いシーズンのために休みが必要」

ユルゲン・クロップは、ジョーダン・ヘンダーソンが「夏休みを切り上げて早くプリシーズンに合流したい」というお願いをしてきたことに対し、却下したことを明かしました。

ヘンダーソンはW杯で準決勝まで出場したため、その後で3週間の夏休みを与えられています。つまり、プリシーズン合流は8月5日の予定です。それはプレミアリーグの開幕戦までに僅か1週間しかないため、開幕戦(対ウエストハム)に出場することはほぼ不可能です。

そのため、少しでも早くプリシーズンに合流して、プレミアリーグ開幕戦に備えたいというのがヘンダーソンの希望でした。

「ヘンドを説得して夏休みをフルに取らせるということは非常に大変だった」と、クロップは明かしました。「彼のことだから、そう言ってくるだろうと予測していた。私は電話できつく言った。バカなことを言うんじゃない!と。プレミアリーグのシーズンは長い。夏休みにしっかり休めておかないと、シーズン中に疲労が出てきて危険なことになる」。

そのヘンダーソンの「夏休み切り上げ」の意図として、新戦力のファビーニョにポジションを奪われることを心配したから?と質問されて、クロップは否定しました。

「それはあり得ない。もしそうだとしたら、本人は自分に自信がないことになる。あり得ない」。

「ヘンドはトレーニングで100%を出すことを信念としている。毎日トレーニングを重ねることが絶対に必要だという考えだ。それはミリー(ジェームズ・ミルナー)と似ていて、やや伝統的な考え方だ」。

「私は彼らのそんなところが好きだ」。

「だから、監督としては、時にはトレーニングしてはいけない!と命令しなければならないことがある」。

尚、同じくイングランド代表チームで3位決定戦まで拘束されたトレント・アレクサンダー・アーノルドについては、ヘンダーソンとは違い、状況を見ながら夏休み切り上げ(1週間切り上げ)ということが事前に約束されていたことをクロップは明かしました。

「トレントは若いし、シーズン中の疲労をためるという点ではやや有利な状況にある。そして、W杯ではヘンドとは違って殆ど試合に出なかったのでその意味でも状況は異なっている。ただ、トレントの状況についてはしっかりチェックしながら進める予定でいる」。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユルゲン・クロップがジョーダン・ヘンダーソンの夏休み切り上げ願いを却下「長いシーズンのために休みが必 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる