プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS アレックス・オクスレイド・チェンバレンの負傷は2018-19季は絶望と判明

<<   作成日時 : 2018/07/19 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(7/19)のリバプール・エコー紙の記事です。

■アレックス・オクスレイド・チェンバレンの負傷は2018-19季は絶望と判明

ユルゲン・クロップは、アレックス・オクスレイド・チェンバレンが負傷のため2018-19季の復帰は絶望という、非常に残念なニュースを明かしました。

昨季4月のローマ戦(CL準決勝1戦目、試合結果は5-2でリバプールの勝ち)で、試合中に負傷して単価で運ばれたオクスレイド・チェンバレンは、その後「負傷は深刻」である旨の発表がありました。

真相は、その時点で既にまる1年はかかる深刻さであることが分かっていたのでした。しかし、オクスレイド・チェンバレンは「チームがCL決勝に向けて頑張っている時に、ネガティブなニュースを公表するのはマイナス」という理由で、クロップに「負傷の詳細は今は明かさないでほしい」とお願いしたのだそうです。

「たぶん、真相を明かすべき時が来たと感じている」とクロップは語りました。「オックス(オクスレイド・チェンバレン)は、2018-19季にピッチに立つことはほぼ不可能」

「それは、負傷した直後に知ったこと。手術は成功だったし、その後ぶり返したということではない。最初からわかっていたこと。本人が、時期を見合わせたいと言ったために伏せていた」。

「まさにオックスらしい。彼は、シーズン終幕の重要な時期に、チームメートの士気を低めるようなことは言いたくなかった。真相を明かしても良い時期が来るまで、黙っていてほしい、と」。

「真相は、2018-19季はオックスをピッチの上で見ることはないだろう、ということ」。

そのため、クロップはまる1シーズンの間不在となるオクスレイド・チェンバレンの穴埋めのための戦力を、獲得することを急務としているわけです。

「オックスは非常に重要な人材。だから、その穴埋めをするのは必須。」

「彼はそれほど素晴らしい選手であり、素晴らしい人間。試合に出ていない時でもチームにとって不可欠な人材だから」。

「だから、彼の復帰が待ち遠しい。我々は、復帰するのを辛抱強く待つことが必要」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アレックス・オクスレイド・チェンバレンの負傷は2018-19季は絶望と判明 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる