プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェルダン・シャチリがネビル兄弟らの批判に反論

<<   作成日時 : 2018/07/26 22:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(7/26)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジェルダン・シャチリがネビル兄弟らの批判に反論

ジェルダン・シャチリのリバプール入りが発表された後で、世の中は賛否両論に沸きました。その中で、目立ったのが元チームメートのチャーリー・アダムの批判と、ガリー&フィルのネビル兄弟の批判でした。

チャーリー・アダムの方は、昨季のストークの降格シーズンで、シャチリが期待に応える活躍をしなかったことがストークの降格をもたらしたかのような含みを持っていました。

いわく「ビッグ・プレイヤーと言われている選手たちが、(ストークの危機に際して)立ち直れるような活躍ができなかった」。

これに対して、シャチリは反論をしました。「僕の(ストークでの昨季の)記録が証明していると思う。僕はチームのトップ・スコアラーだったし、アシストでもトップだった。これ以上、言う必要はないと思う」。

「それは誰もが知っていることだと思う。僕自身は、他の人々が言うことに耳を傾けて悩む必要などないと思っている」。

そして、ネビル兄弟の方は、W杯の時期に(シャチリのストークでの昨季について)「アンチ・プロフェッショナル」で「チームにとって不名誉」と批判しました。

それに対して、シャチリは「彼らはマンチェスターユナイテッド出身だから、たぶん、リバプールのことは好きではないのだろうと思う」と、ジョークっぽく笑いました。

「僕はよくはわからないけど。好かれることもあれば、好かれないこともある。僕としては、知らない人の言っていることについてコメントするつもりはない」。

そして、シャチリはユルゲン・クロップの意見だけが重要だと主張しました。「リバプールに入れてとても嬉しい。以前に、移籍の話が没になったことは知られている話。その時に、僕は本当にリバプールに入りたかったが、事情により(※バイエルンミュンヘンが手放すことを拒否したため)かなわなかった。でも、今はやっとリバプールに入れた。」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェルダン・シャチリがネビル兄弟らの批判に反論 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる