プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS チャールトンのコーチが、ジョー・ゴメスがリバプール入りする前にマン・シティ入りを断った話を明かす

<<   作成日時 : 2018/08/30 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(8/30)のリバプール・エコー紙の記事です。

■チャールトンのコーチが、ジョー・ゴメスがリバプール入りする前にマン・シティ入りを断った話を明かす

チャールトン・アスレチックの元ストライカーで、同クラブのアンダー21コーチのジェイソン・イゥールが、ジョー・ゴメスのチャールトンでの最後のシーズンについて語りました。

ジョー・ゴメスは、2015年にチャールトンからリバプール入りしましたが、その前の1月にマンチェスターシティから話があったそうです。

「チャールトンのクラブでは、ジョーを悪く言う人は誰もない」と、イゥールは語りました。「彼は非常に礼儀正しい、低姿勢の若者だ。私の記憶では、ビッグクラブで彼に目を付けたのはマンチェスターシティが最初だった。非常に熱心で、ジョーのことを欲しがっていたと思う。リバプール入りする前の1月のことだった」

「その件で、ジョーとディフェンスのパートナーだったアンドレ・バイキーと話した。」

「ジョーはその時すでにクラブにとってものすごく大切な才能あふれる若手だということは明らかだった。ビッグクラブに出せば大金を得られるという。しかし、その時点では、本人はビッグクラブに行く気はないと言った。その時点では、ジョーはまだチャールトンのファーストチーム入りして半年しか経っていなかった。そんな時にいきなりプレミアリーグのビッグクラブに行くことは、自分のキャリアに良いことではないと判断したようだった」

「彼はその時点では、成長する場にいたのだから、その環境でもっとじっくり成長することが自分にとって最良の道だと知っていたのだと思う」

「そのような次第で、1月は移籍はなかった。その後で夏にリバプールいりした時は、彼はその時点では自分にとってそれが最良だと知っていたのだろうと思う」

「彼は常に、そのようにキャリアについて慎重に検討して最良の道を選ぶ。決して、早まることはしない」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャールトンのコーチが、ジョー・ゴメスがリバプール入りする前にマン・シティ入りを断った話を明かす プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる