プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS マルコ・グルイッチがカーディフへのローンが没になり、リバプールに留まる方向へ

<<   作成日時 : 2018/08/04 21:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(8/4)のリバプール・エコー紙の記事です。

■マルコ・グルイッチがカーディフへのローンが没になり、リバプールに留まる方向へ

マルコ・グルイッチは、当初の計画では2018-19季はローンに出て経験を積む予定でした。その行く先は、昨季後半に既にローンに出ていたカーディフでした。

カーディフはグルイッチを熱烈に欲しがっており、このローンの話は両クラブ間でもまとまっていました。しかし、ここに来て没になったのでした。

それは、グルイッチのリバプールでの契約は2020年までですが、リバプールとしてはローンに出る前に契約更新にサインすることを条件としていました。それが実現しないため、ローンには出られないことになったのです。

つまり、グルイッチはリバプールでの契約更新を躊躇しているという事実が判明したわけです。

いっぽう、グルイッチを今季の戦力として予定していたカーディフは大きな打撃です。

監督のニール・ウォーノックはショックを表明しました。「グルイッチはリバプールに留まることが決まった。私としては、グルイッチはわがクラブに来て主力としてバリバリ経験を積む方が本人の成長に役に立つと思っていたのだが。ただ、彼が契約延長にサインしないと決めた理由も理解できるような気がする」。

「リバプールは今季はCLを含めると国内リーグと2つのカップ戦という合計4つのトロフィーに臨むことになるため、シーズン前半にグルイッチにとってもリバプールでチャンスが得られることになるだろうと思う。」

「わがクラブとしては打撃だ。というのも、グルイッチを期待していたので、他の選手が獲得可能だったがパスしたという経緯もある。今から、グルイッチの代わりの選手を求める必要が出てしまったのは痛い」。

「リバプールとの間で条件も合意していたので、グルイッチに来てもらえるものと予定していたが、しかしフットボールでは予期せぬ事態になることが多々ある」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マルコ・グルイッチがカーディフへのローンが没になり、リバプールに留まる方向へ プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる