プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS クラウディオ・タファレルがアリソンの「急上昇」を称賛、驚きではないと語る

<<   作成日時 : 2018/09/14 20:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(9/14)のリバプール・エコー紙の記事です。

■クラウディオ・タファレルがアリソンの「急上昇」を称賛、驚きではないと語る

ブラジル代表GKとしてアリソンの先輩に当たるクラウディオ・タファレルが、アリソンの近年の「急上昇」について喜びを語りました。

アリソンは、ローマ入りした時の移籍金は僅か8mユーロでした。それが2年後には(一時的に)世界一高いGKの£65mでリバプールいりしたのでした。

画像

そして、1994年のW杯チャンピオンであるクラウディオ・タファレル(※現ブラジル代表GKコーチ)は、アリソンを称賛しました。

「アリソンは、ローマでプレイし始めた時から、生まれつきの才能を発揮し始めて、自分のフットボールを楽しんでいる」。

「でも、それは私にとっては全く驚きではない。アリソンはブラジルにいた時から既に、才能は明らかだった。彼は常に、それを見せてきた」

「我々にとって、それは非常に重要なこと。ブラジル人GKにとって、ヨーロッパのドアは開かれている。エデルソン(マンチェスターシティ)も素晴らしい能力を持っている。これからどんどん伸びるだろう」。

「(ブラジル人GKはあまり良くないという話は)間違っている。私がイタリアにいる時に、ブラジル代表チームでプレイするようになった時に、人々から言われた。『ほー、ブラジルもGKがいるんだね』と」。

「私がいなくなって、ディダが入ってきた。そして、『ああ、ブラジルもGKがいるんだ!』と言われた。そして、次にジュリオ・セザルが入ってきた。『ああ、ブラジルもGKがいるんだ!』と、また同じことを言われた」

「そして、アリソンだ。またしても、『ああ、ブラジルもGKがいるんだ!』と言われる」

「あたかも、今初めて良いGKがブラジル代表チームに出てきたかのように!」

「しかし、人々はブラジルが何回W杯優勝したか、その中で何回GKが決定的な役割を果たしたか、を忘れたのではないか?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラウディオ・タファレルがアリソンの「急上昇」を称賛、驚きではないと語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる