プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョエル・マティプが復帰の感激を語り、チームの自信を明かす「アンフィールドに来たがるチームはないだろ

<<   作成日時 : 2018/09/23 21:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(9/23)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジョエル・マティプが復帰の感激を語り、チームの自信を明かす「アンフィールドに来たがるチームはないだろう」

ジョエル・マティプは、昨季3月に負傷のため手術を受け、シーズン末まで欠場となりました。そして、昨日のサウサンプトン戦(試合結果は3-0でリバプールの勝ち)で久々のスタートで、ゴールを記録しました。

心配なことに、その試合でフィルジル・ファン・ダイクが負傷のため交代しました。その後、ユルゲン・クロップはファン・ダイクの負傷は深刻ではないと宣言しました。ただ、マティプは、ファン・ダイクが不在となる期間がどれだけであってもその穴はしっかり埋めると自信を語りました。

「僕はすっかり準備が出来ている。もちろん、ファン・ダイクがすぐに回復することを祈っていることは間違いないが。彼は重要な存在となっているので」

「(自分の負傷については)長いこと欠場していたが、しかしすっかり回復して良い調子に戻った。試合に90分出られたということはとてもいい気分だった。もちろん、アンフィールドでの初ゴールが出せたのはとても嬉しかった」

マティプは2016年にシャルケからリバプールに入って以来、ゴールはこれが4点目でした。最後は昨季11月のウエストハムでのゴールでした(試合結果は4-1でリバプールの勝ち)。

「リバプールではこれまであまりゴールが出せていないが、今季はもう少し得点できるように頑張りたい」

「ゴールはチームに貢献できるし、自分にも自信をもたらすもの」

「今のチームは、一緒にプレイするにはとても素晴らしいチーム。そのチームを、ピッチの外から見て、そして、一緒に頑張って目標達成を目指している。今のチームはそんな感じだ」

リバプールは、アンフィールドで失点したのは昨季の2月が最後でした。

「対戦相手のチームにとって、アンフィールドに来るということは常に心配であるはず。我々としては、全力を尽くして、その対戦相手の心配を実現させる。誰もアンフィールドに来たがらなくなるように」

「今季、わがチームはあまり失点していないが、それはチーム全体で協力して守っているから。チームとして徐々に良くなっていると思う。まだまだ向上させる余地はあるが」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョエル・マティプが復帰の感激を語り、チームの自信を明かす「アンフィールドに来たがるチームはないだろ プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる