プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェルダン・シャチリがユルゲン・クロップとの(とても良い)関係などを語る

<<   作成日時 : 2018/10/10 22:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(10/10)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジェルダン・シャチリがユルゲン・クロップとの(とても良い)関係などを語る

ジェルダン・シャチリは水曜日に27歳の誕生日を迎えました。その記念日に、母国のメディアのインタビューで、いろいろな議題についてざっくばらんに語りました。

「僕は、ユルゲン・クロップとはとても良い関係にあると思う」と、シャチリは語りました。

「彼と一緒に働くのはとても楽しい。リーグ・オブ・ネイションズについては話題にしたことはない(※先日、クロップがリーグ・オブ・ネイションズについてUEFAを批判しました)。」

「僕はとても満足している。というのは、スターティング・ラインナップにとても近い位置にいると思っているので。とても、近い!」

シャチリはリーグカップ戦では右ワイドのポジションでスタートしました(試合結果は2-1でチェルシーが勝ち抜き)。そして、9月22日のサウサンプトン戦(試合結果は3-0でリバプールの勝ち)では最も得意なポジション(セントラル)でスタートしました。その試合はリバプールでのシャチリのベスト・プレイと評価されました。

「No.10としてフリーな役割を与えられる時は、違いがある。チームが勝つために出来る限りのことをしようと勤めている」。

「ポルトガル戦ではほぼライトバックのポジションでプレイした。僕は、監督から命じられた役割を全力で果たそうと常に努力している」

そして、シャチリはリバプール入りしてからもマージーサイドには引っ越さず、ストーク時代と同じくマンチェスターに住んでいることを明かしました(※ストークとマンチェスターは通勤距離くらいの近さです)。

「僕は今もマンチェスターの同じ家に住んでいる。ストーク時代と同じの家に」

「正直、僕はチームと一緒に動くときを除いてまだリバプールの市街地には行ったことがない。」

「おとなしくしていれば、ライバル・ファンと出会っても特に問題はない。でも、チームと一緒に市内のホテルに泊まる時は、夜の11時過ぎにすごい騒音が聞こえたりする」

「イングランドはスイスのように分厚い窓ガラスは装備してないから!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェルダン・シャチリがユルゲン・クロップとの(とても良い)関係などを語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる