プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジニ・ワイナルドゥムがCLへの夢を語る&ユルゲン・クロップのルイ・ファンハールとの類似点を語る

<<   作成日時 : 2018/10/24 23:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(10/24)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジニ・ワイナルドゥムがCLへの夢を語る&ユルゲン・クロップのルイ・ファンハールとの類似点を語る

ジニ・ワイナルドゥムは、今季のCLでの目標(昨季より1つ多く勝つ)を明かしました。

「我々は2年連続でCLに出場しているし、昨季はCL決勝まで行った。そして、我々は、今季はもう一つ多く勝つことを目標としている」と、ジニは語りました。

「みんなが今季はトロフィーを取ると意気込んでいる。それは次のステップとして必須であることは確か。僕は、ぜひそれを達成したいと思っているし、自信を持っている」

「後になって、振り返った時にリバプールで素晴らしい栄誉を達成したのだ、と思えるようになりたい。その時の一員として永遠に語られるようになりたい」

「僕は、リバプールがスペシャルなことを成し遂げた時のチームの一人として思い出してもらえるようになりたい」

そして、ワイナルドゥムは、ユルゲン・クロップとルイ・ファンハールの類似点について語りました。

ファンハールは、オランダ代表監督時代に2014年のW杯の23人のメンバーとしてワイナルドゥムを選出しました。

「ユルゲン・クロップは、ルイ・ファンハールととても似た面がある。クロップも(ファンハールと同じように)選手に対する要求が多いし。監督がものすごく良く選手を見ていて、いろいろ言ってくるというのは、ラクなことではない」

「でも、その背景には正当な理由がある。監督は、選手により良くなって欲しいと思っているから、という」。

「それを認識していれば、どんなに厳しいことを言われても頑張れる」

「監督は常に僕に対して要求する、ということを知っていれば、常に言われることにしっかり耳を傾けることが出来る。それは、監督が僕の成長を助けてくれているのだ、と知っているから」

今季、ワイナルドゥムはリバプールの全12試合中9試合に出場しています。

「選手全員の意見が同じ、と言い切ることはできないが、僕自身はクロップと非常に良い関係を保っていると思っている。監督には常に助けられている。」

「監督はとても正直な人。僕はそういうところが大好きだ」

「監督は、常に必要なことを必要な時に言う。それは選手を責めるのではなく、厳しいことを言うが常に自信を与えてくれる。」

「監督は、ミスはフットボールに付き物だといつも言っている。僕はレスター戦でミスを犯したことを覚えている。失点に繋がってしまったミスだ。監督は、ミスに対しては怒らなかった。でも、僕の(ミスの後の)リアクションに対して怒った。僕はそのミスのことをずっと考え過ぎたと思う。ミスのことは忘れて次に進むべきだったと思う」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジニ・ワイナルドゥムがCLへの夢を語る&ユルゲン・クロップのルイ・ファンハールとの類似点を語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる