プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS トットナムvマン・シティ:トットナム監督が「監督としての5年間の中で最悪の気分」と明かす

<<   作成日時 : 2018/10/29 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の夜の目玉は、ウェンブリーでのトットナム対マンチェスターシティです。その試合に先駆けて、トットナムのマウリシオ・ポチェティーノが不安な発言をして物議をかもしています。
以下は、本日(10/30)のBBCスポーツの記事です。

■トットナムvマン・シティ:トットナム監督が「監督としての5年間の中で最悪の気分」と明かす

トットナムは今季プレミアリーグでは開幕9試合で21ポイントと、非常に良いスタートを切りました。しかも、今日の試合でマンチェスターシティに勝てば、シティよりも順位が上に上がります。

そんな状況の時に、マウリシオ・ポチェティーノは正反対の発言をしました。

「いろんなことが発生して、私はベストな気分とは到底いえないムードにある」と、ポチェティーノは語りました。

トットナムはプレミアリーグでは3連続でトップ3入りを果たしました。しかし、今季はCLでは3試合でわずか1ポイントとグループステージ敗退の危機に直面しています。

「今季これまでは、奇妙な状況にあると思う。何故なら、私はこの5年間で最悪の気分にあるから」

「でも、プレミアリーグではベストのスタートを切ったというのが真相」

「いろんなことが発生しているので、説明するのは非常に難しい。私は、我がチームがいまだに新スタジアムの完成を待っている状況にがっかりしている。それは今季開始早々のことだったはずなのに」

「私はこれまでいつも、メディアとは良い関係を保ってきた。でも、今の私の気分はベストとは到底言えない。私は昨季までの方がいい気分だったと思う」

「クラブはいろんなことに焦点を置いている。しかし、チームはCLとプレミアリーグという重要な試合に臨んでいる。それらの重要な試合に集中すべき時に、他のことにも焦点を置かねばならない」

「我々は今、いろんなことに神経を注いでいる。その一つが、試合に勝つこと。でも、本来クラブは試合に勝つことだけに集中できるべきだと思う」

「他のクラブとは違う環境にある。」

「たぶん、新スタジアムに入った日には、やっと他のクラブと同じ土壌に上がれるのではないかと思う。我々も、リバプールやマンチェスターシティ、マンチェスターユナイテッド、チェルシー、アーセナルというクラブと同じ状況に入れると思う」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トットナムvマン・シティ:トットナム監督が「監督としての5年間の中で最悪の気分」と明かす プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる