プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユルゲン・クロップの「ピッチ侵入」にスティーブン・ジェラードとデビッド・ベッカムが擁護のコメント

<<   作成日時 : 2018/12/04 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(12/4)のThisIsFutbolと、マンチェスター・イブニング・ニュース紙のの記事です。

■ユルゲン・クロップの「ピッチ侵入」にスティーブン・ジェラードが「僕はクロップよりもっと長い距離を走った」(ThisIsFutbol)

レンジャーズ監督のスティーブン・ジェラードは、日曜日のダービーでのユルゲン・クロップの「ピッチ侵入」について、擁護のコメントを出しました。

「あのゴールが出た時、僕はクロップよりも長い距離を走った!僕はダービーで96分の決勝ゴールで勝った試合の監督を勤めた経験はないが、そのような場面に直面したら、たぶんクロップよりももっと走ると思う」

「我々はみな責任を持っている。でも、感情がコントロールできなくなることはある。監督や選手が、祝う姿を見るのはいいことだと思う」

■デビッド・ベッカムがユルゲン・クロップの「ピッチ侵入」を擁護(MEN)

元マンチェスターユナイテッドのデビッド・ベッカムは、日曜日のマージーサイドダービーで、ユルゲン・クロップが96分の決勝ゴールに際してピッチ侵入して祝った事件およびその処分について、クロップ擁護のコメントを出しました。

「クロップは熱情を見せたと思う。それはフットボールの醍醐味だと思う。試合終了直前の決勝ゴールなのだから、そのくらい祝いたくなるのは当然では?」

「リバプールのことだという点はあるが、でも、良いと思う」

尚、世間の意見は二分しています。ポール・マーソンは、やったのがクロップではなくジョゼ・モウリーニョだとしたら、FAから25試合ベンチ入り禁止処分を受けるだろうと批判しました。

「25試合禁止処分が正当だと思う。これがモウリーニョだとしたら、たぶん、タッチラインに戻った瞬間にスタンド送りになり、25試合禁止処分を食らうだろうと思う」

「モウリーニョはサウサンプトンで、テクニカル・エリアから出ただけでスタンド送りになった。それは、人によって違う処分だということは明らか。ユルゲン・クロップはみんなから好かれている。マンチェスターユナイテッド・ファンを除いては。」

「だから、『今後はこんなことをやってはいけませんよ』と言われて終わりになると思う。マルコ・シルバの反応も良かったし」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユルゲン・クロップの「ピッチ侵入」にスティーブン・ジェラードとデビッド・ベッカムが擁護のコメント プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる