プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ファビーニョが「リバプールを出て行く」噂を否定、バーンリー戦への意欲を語る

<<   作成日時 : 2018/12/04 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(12/4)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ファビーニョが「リバプールを出て行く」噂を否定、バーンリー戦への意欲を語る

ファビーニョは、この夏にモナコから£43mの多額の移籍金でリバプール入りしましたが、最初はプレミアリーグに順応するための時間が必要ということで、なかなか試合に出られない日々を過ごしました。

そんな中で、不穏な噂が飛び交うようになりました。この1月にPSGに移籍するというものです。

しかし、ユルゲン・クロップは常にファビーニョについて肯定的に語っていました。加えて、本人がその噂を一笑しました。これは母国のメディア( UOL Esporte)のインタビューです。

「変な噂が飛んでいることは、耳にした」とファビーニョは語りました。

「でも、僕自身は、リバプールに来て暫くは試合に出られるようになるまでの順応期間があることを最初からわかっていた。チャンスが得られるまで忍耐力を持って頑張るつもりでいたし、僕自身はリバプールに満足していて、出る気など全くなかった」

「(試合に出られない期間でも)悲観的な気持になったことは一度もない。きっとチャンスが来ると信じて頑張った。今は、これから試合に出られる機会が増えて行くことを期待している」

ファビーニョは、初のマージーサイドダービーで非常に良いプレイをしました。リバプールの選手の中では最も多いタックル数(6)、最長距離(11.4km)を記録しました。

それでも、ファビーニョは、水曜日のバーンリー戦に際して、もっと向上する余地があると語りました。

「ダービーに出られたことは僕としてはスペシャルだった」

「この市がダービーのために生活していることはしっていた。3か月前にインタビューの時に話したことを覚えている。ファンがどんなにこの試合を待っていたか、ということを良く覚えている」

「チームにとっては、良い試合ができたと思う。」

「試合は非常にタフだったし、最後の10分は足に疲れを感じたくらい。でも、勝つために頑張らなければならないと気合を維持した。」

「本当に大変な試合だった。相手は守りだけでなく攻めも強力だった。」

「僕自身は、チームの勝利に貢献できたと満足している。ただ、ポジショニングでは向上が必要だと反省点がある」

「僕はジニ(ワイナルドゥム)と一緒に守りをしっかりやったし、攻撃に繋げる役割も果たしたと思う。」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファビーニョが「リバプールを出て行く」噂を否定、バーンリー戦への意欲を語る プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる