ルイス・スアレスが謝罪の義務を語る(決勝ゴールについて「スクールボーイ・エラー」と反省)

以下は、本日(5/8)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ルイス・スアレスが謝罪の義務を語る(決勝ゴールについて「スクールボーイ・エラー」と反省)

昨夜のアンフィールドでの逆転敗退の後で、ルイス・スアレスは反省と謝罪の義務を語りました。

「我々は、自分たちを批判する必要がある。そもそも2年連続でこのような敗退をしたのだから」と、スアレスは語りました。

「2年連続で同じミスを犯すというのは、本来は絶対にやってはいけないことだ。この試合に臨む態度を改めて見直して反省すべきだ」

「戦術を立てるのは監督だが、試合でそれを実現するのは我々選手の責任。」

「我々は、自分たちの態度について誤る必要がある。チームとしてのプレイが出来なかった。我々の家族やファンに、謝る義務がある。数分のうちに2失点を食らうというのはやってはいけないことなのに」

「そして、4失点目は、まるでスクールボーイのようなミスを犯した。我々は、これから批判の嵐にさらされることを覚悟しなければならない」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック