プレミアリーグ

アクセスカウンタ

zoom RSS ユルゲン・クロップが試合後のインタビュー(生放送)でF言葉を連発、ガリー・リネカーは謝罪を拒否

<<   作成日時 : 2019/05/08 23:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は、本日(5/8)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ユルゲン・クロップが試合後のインタビュー(生放送)でF言葉を連発、ガリー・リネカーは謝罪を拒否

昨夜の劇的な大逆転勝ち抜きCL準決勝の直後に、試合後のインタビューに登場したユルゲン・クロップは、明らかに感激で冷静さをやや失っていました。

「わが選手たちはF***ジャイアンツだ!(※このような表現の時のF言葉は、「物凄い」を強調するような意味)」と、ユルゲン・クロップは生放送中にF言葉を連発しました。

「信じられないくらいに素晴らしい選手たちだ。罰金を科すなら科してください。私はネイティブスピーカーではないので、適切な表現がにわかに出てこないのだから!」と、クロップは語りました。
(※F言葉は放送禁止用語なので、録画放送の場合は「ピッ」という音でマスクします。生放送で出演者が発した場合は、番組の主催者が視聴者に謝罪する慣習になっています)

「今10時10分。もう子供は寝ているという時間だから(※F言葉は、基本的に子供に聞かせないために放送禁止用語にしている)」

「ファンと一緒にこのような感動的な状況を作るということは、本当にスペシャルなこと」

そして、クロップのこの感情の籠ったF言葉込みのインタビューの後で、ガリー・リネカーが謝罪するように命じられました。

それに対して、リネカーは拒否しました。「クロップがものすごく感動に浸っていることは明らか。」とリネカーは語りました。

「(F言葉のことで)謝罪するように言われたが、私は謝罪するつもりはない

「クロップがあの言葉を発したのは、それだけの意味があったと思う。そもそも、それは許されても良いと思う」

「もう10時過ぎているんだし!ユルゲン、おめでとう!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユルゲン・クロップが試合後のインタビュー(生放送)でF言葉を連発、ガリー・リネカーは謝罪を拒否 プレミアリーグ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる