ニューカッスルvリバプール:ラファ・ベニテスがユルゲン・クロップのリバプールについて将来は明るいと予

以下は、本日(5/4)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ニューカッスルvリバプール:ラファ・ベニテスがユルゲン・クロップのリバプールについて将来は明るいと予測

さて今日の夜に、ラファ・ベニテスのニューカッスル・ユナイテッドはセントジェームズ・パークにリバプールを迎えます。既に今季の目標であるプレミアリーグ残留を数字上も確定しているニューカッスルにとっては、プレッシャーがない試合であり、最後のホームの試合とあってファンのためにも誇りを見せたい試合となります。

一方のリバプールは、この試合で勝つ以外の選択肢はない厳しい状況となります。ましてや、水曜日にバルセロナで3-0と(内容的にはそのような大差ではなかったという見解が圧倒的とは言え)大敗しているだけに、復帰が必要です。

そして、ラファは、今でも心のクラブである懐かしい古巣のリバプールとの対戦という特別な試合を迎えます。2005年にはCL優勝を達成しました。

その試合に先駆けて、ラファは「2005年のリバプールと現在のリバプールを比べてどう思うか?」と質問されました。

「今のリバプールは、非常に良い状況にある。良いフットボールをして良い成績を上げている」と、ラファは語りました。

「現時点のリバプールは、ヨーロッパだけでなく世界のベスト・チームの一つであることは間違いない。まだトロフィーこそは取っていないけど、それはひとえに他に競争相手が強力だから」

「リバプールは今後も今の好調を維持すると思うか、って?私の見解では、今のリバプールは最高の状態にあり、マンチェスターシティ、バルセロナ、バイエルンと言った強豪と競う勢力だし、今後もその調子を維持すると思う」

ラファが監督を勤めていた時のリバプールは、2008-09季にリーグ優勝を争った経歴を持ちます。その時にはマンチェスターユナイテッドに優勝を取られてしまいました。

「時には、他にもっと強いチームがある。それは仕方ないこと。そのような状況にあっても、自分たちが勝つことに専念することが必要。そして、次のシーズンには出来なかったことが出来るようになるべく努力することが必要」

「今のフットボール界では、戦力補強のために以下に投資できるか、その結果どのような選手が取れるか、という要素が大きな影響を持つこと」」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック