ノエル・ギャラガーがマン・シティの選手と一緒に控室で祝勝、ユナイテッドに「一言」

以下は、本日(5/13)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■ノエル・ギャラガーがマン・シティの選手と一緒に控室で祝勝、ユナイテッドに「一言」

ノエル・ギャラガーは、昨日のブライトン(試合結果は4-1でシティの勝ち)での優勝決定の後で、控室を訪れてシティの選手と一緒にお祝いをしました。その中で、ノエルはシティの選手たちのために独唱も披露したのでした。

「チームの勝利だ」と、ノエルはトークスポーツのインタビューで語りました。

「それに比べて、ストレトフォードの奴ら(※)は、個人の集まりのようなもの。アレクシス・サンチェスやポール・ポグバがそのよい例だ」

※ストレトフォード:マンチェスターユナイテッドのホーム・スタジアムであるオールド・トラッフォードは、マンチェスター市郊外にありますが、スタジアムの名前になっているトラッフォードと、ストレトフォード(ストレトフォード・エンド・スタンドのある側)とサルフォードの3つの町に隣接しています。そのため、地元のファンの間では、ユナイテッドの地元のことをトラッフォード、ストレトフォード、サルフォードの3種類で表現します。

「彼らは深刻な問題を抱えている。僕の記憶では、シティの1980年代終わりから1990年代にかけての状態と似たような感じ。彼らは、その問題を解決するためにお金で選手を買うことしか考えられない状況に陥っている」

「ペップ・グアルディオーラがいる以上は、彼ら(ユナイテッド)は我々の足元にも及ばないだろう。」

「誰も我々に追いつけないだろう」

でも、シティはリバプールをわずか1ポイント差で抜いて優勝に輝きました。そのリバプールも、来季はシティに「追いつけない」と思いますか?という質問に、ノエルは答えました。

「無理だと思う。リバプールは今季ですら、苦境に入った時期があったのだから」

「来季は今季より良くなるとは思えない」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック