ケビン・キルバーン(元エバトン)の最近10年間のプレミアリーグ・ベスト・イレブンにリバプールから3人

以下は、本日(5/20)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ケビン・キルバーン(元エバトン)の最近10年間のプレミアリーグ・ベスト・イレブンにリバプールから3人

元アイルランド代表、元エバトン(など)で現在BBCのアナリストとして活躍しているケビン・キルバーンが、プレミアリーグの最近10年間のベスト・イレブンを選出しました。

画像

GK:ダビド・デヘア(マンチェスターユナイテッド)、
DF:アンディ・ロバートソン(リバプール)、フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)、バンサン・カンパニ(マンチェスターシティ)、シーマス・コールマン(エバトン)
MF:ダビド・シルバ(マンチェスターシティ)、エンゴロ・カンテ(チェルシー)、ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスターシティ)
FW:ルイス・スアレス(現バルセロナ)、ガレス・ベイル(現レアルマドリード)、セルヒオ・アグエロ(マンチェスターシティ)

この11人の中ではマンチェスターシティが4人で最多、リバプールからは3人(※スアレス含む)でした。

フィルジル・ファン・ダイク選出の理由として、ケビン・キルバーンは語りました。「一人の選手がここまでチーム全体に良い影響を与えた、という点で、フィルジル・ファン・ダイク以上の選手は思いつかないほど」。

「本当に素晴らしいの一言。サウサンプトン時代にも素晴らしかった。」

(ジョン・テリーよりも上か?との質問には)「上だと思う」

そして、レフトバック部門では元エバトンの選手として、レイトン・ベインズを考えて迷ったとのことです。「ベインズを考えたのだが、ロバートソンを選んだ。何故なら、彼は今季、突出した活躍を見せた選手だから。とにかくゴールを作り出すプレイは目覚ましいものがある」

また、スアレスの選出については、「リバプールを優勝まであと一歩というところまで導いた選手。アグエロとコンビを組んだら凄いだろうと思う。それを見たかった。」と語りました。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック