チェルシー4-1アーセナル:デビッド・シーマンがアーセナルのDFを酷評、アーセナル・ファンの全面的賛

以下は、本日(5/30)のアーセナルの地元紙フットボール・ロンドンの記事です。

■チェルシー4-1アーセナル:デビッド・シーマンがアーセナルのDFを酷評、アーセナル・ファンの全面的賛成を得る

昨夜のEL決勝戦は、アーセナルにとってまたも「一刻も早く忘れたい試合」となってしまいました。アーセナルはアレックス・イウォビのゴールで3-1としたものの、結局チェルシーの優勢を崩せず、4-1と敗れたのでした。

その試合のハイライト番組で、アーセナルのレジェンドであるリー・ディクソン(DF)は、後輩ディフェンスのひどさを批判しました。いわく、今のアーセナルのディフェンスは、たとえフィルジル・ファン・ダイクが入っても修復不可能なくらいにひどい、ということです。

そして、リー・ディクソンの元チームメートであり、同じくレジェンドのGKデビッド・シーマンの一言は、ディクソンの酷評よりもさらに多くのファンの同意を得ました。

シーマンの一言です。「後半のひどいプレイのショックからまだ立ち直れない。いつも同じだ!」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック