アンディ・ロバートソンが世界のDF部門で4番目に価値がある選手と評価される

以下は、スコットランドの全国紙デイリー・レコードの記事です。

■アンディ・ロバートソンが世界のDF部門で4番目に価値がある選手と評価される

スコットランド代表主将のアンディ・ロバートソンが、世界のDF部門で4番目に価値がある選手と判明しました。

これはCIES(※この統計を定期的に発表している組織)によるランキングです。

同統計によると、ロバートソンは£78mでディフェンダー部門の4位に入りました。

ディフェンダー部門トップは、ロバートソンとはリバプールでのチームメートであるトレント・アレクサンダー・アーノルドです(£115m)。

これは、アレクサンダー・アーノルドがまだ20歳という若さであることから、年齢も評価対象となる同統計では最高の評価額となりました。

また、ディフェンダー部門の2位は同じくリバプールのフィルジル・ファン・ダイクです。(£100m)。3位はマンチェスターシティのアイメリク・ラポルテでした(£94m)。

尚、全ポジション合わせての最高評価額だったのはPSGのキリアン・エムバペ(£225m)でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック