シモン・ミニョレが来季もリバプールに留まる方向へ

以下は、本日(6/24)のリバプール・エコー紙の記事です。

■シモン・ミニョレが来季もリバプールに留まる方向へ

シモン・ミニョレは、この夏リバプールを出て、試合に出られるクラブに行くことがほぼ確実と見られていました。

しかし、ここに来て様相がやや変わり、来季もリバプールに留まる可能性が強くなったようです。

リバプールは、来季はFAコニュニティ・シールドに始まり、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブ・ワールド・カップなど、最大で67試合の過密日程のシーズンとなり、No.1のアリソンを休ませるための控えのGKも強力な人材が必要となります。

そして、2018-19季のミニュレの「プロとしての模範的態度」にユルゲン・クロップは感銘を受け、来季の戦力としてとどめたいという意向を持っていると見られています。

また、リバプールとしては、ミニョレを放出する場合にはそれなりの移籍金で正式移籍という話以外は却下する計画と見られています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック