マン・ユナイテッドの全選手の評価額合計は、マン・シティとリバプールに比べて£300m低い

以下は、本日(6/25)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■マン・ユナイテッドの全選手の評価額合計は、マン・シティとリバプールに比べて£300m低い

さて、プレミアリーグの2019-20季開幕に先駆けて、新たな統計が発表されました。ESPNによる統計で、各チームの全選手の評価額合計を比べたものです。

その統計によると、最も評価額が高いのがマンチェスターシティで、£1.05bでした。

特に評価額が高い選手は、ラヒーム・スターリング(£126m)、ケビン・デ・ブルイネ(£117m)、レロイ・サネ(£90m)、ベルナルド・シルバ(£90m)、アイメリク・ラポルテ(£67.5m)などとなります。

そして、2位はリバプールで£1.0bです。

3位はバルセロナで£959mとなっています。

いっぽう、マンチェスターユナイテッドは9位で£706mと、首位のシティと2位のリバプールには£300mも低い評価額となっています。

尚、ユナイテッドよりも評価額が高いクラブとしては、チェルシー(£862m)、アトレチコ(£841m)、PSG(£830m)、トットナム(£793m)、レアルマドリード(£785m)となっています。

更に、ユナイテッドの中で最も評価額が高い選手がポール・ポグバ(£90m)、マーカス・ラッシュフォード(£72m)、ロメル・ルカク(£67.5m)、ダビド・デヘア(£58.5m)、アントニー・マーシャル(£54m)ですが、この5人うち3人(ポグバ、ルカク、デヘア)はこの夏にユナイテッドを出て行くという噂が毎日飛び交っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック