プレミアリーグの各クラブの主将が給料の30%を医療機関へ寄付する計画(発起人はジョーダン・ヘンダーソン)

以下は、昨日(4/3)のBBCスポーツの記事です。

■プレミアリーグの各クラブの主将が給料の30%を医療機関へ寄付する計画(発起人はジョーダン・ヘンダーソン)

英国の厚生労働大臣マット・ハンコックが、政府のスピーチの中で、現在のコロナウィルス危機に際して、プレミアリーグの選手たちが自主的に給料を減額し、クラブの一般スタッフの給料を負担すべきと唱えて話題になりました。

しかし、直後に判明したことですが、ハンコックの批判よりもずっと前に、プレミアリーグの各クラブの主将が「チームメートに話をして、全員が給料の30%を医療機関向けの基金に寄付する」計画を進めていたのです。

これは、リバプールの主将ジョーダン・ヘンダーソンが発起人となって、各クラブの主将に話をし、各主将からチームメートに話すという形式で進められていました。

現在までに話が出来た中では、全ての選手たちが全面的に同意しているということです。

そして、ヘンダーソンら主将たちが寄付を集める銀行口座を開いたことも確認されています。

尚、その「給料の30%」は、今後クラブが一般スタッフの給料を支払うために選手の給料減額措置を取ることになった場合でも、その減額とは別に30%を医療機関(厚生労働大臣マット・ハンコックの管轄下の機関)に対して寄付するということです。

実際に、金曜日のプレミアリーグの緊急TVミーティングで、各クラブが選手たちに対して給料の30%減額を負担してもらって、一般スタッフの給料の財源とする旨の決議がされたことが伝えられています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント