ジェイドン・サンチョのハットトリックにマン・ユナイテッド・ファンが(悲哀がこもった)ジョーク

以下は、本日(6/2)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■ジェイドン・サンチョのハットトリックにマン・ユナイテッド・ファンが(悲哀がこもった)ジョーク

先週末のブンデスリーガの試合で、ドルトムントがパーダーボルン に6-1と勝った試合でジェイドン・サンチョが初のハットトリックを決めました。

もちろん、ユナイテッドがサンチョを狙っていることは誰もが知っている話です。

そして、ヨーロッパではまだほぼ全てのビッグ・リーグが中断している中で、唯一、再開しているブンデスリーガはフットボール・ファンの人気を集めています。ユナイテッド・ファンも例外ではありません。ましてや、来季はユナイテッドに来る(かもしれない)サンチョの試合は、みんなが注目しています。

そこで、ハットトリックを決めたサンチョに、ユナイテッド・ファンの熱いまなざしは更に熱くなりました。

というのは、ユナイテッドの選手で最後にハットトリックを決めたのは2016年4月のロビン・ファン・ペルシまでさかのぼる(悲しい)真相を、誰もが知っているからです。

サー・アレックス・ファーガソン在任中のユナイテッドは、最後の6年半でファン・ペルシを含めて通算13のハットトリックがありました。なのに、サー・アレックスの引退と共に、ユナイテッドのハットトリックも止まってしまったのです。

一例を言うと、その期間に隣のマンチェスターシティは通算15のハットトリックを決めています。うち11回がセルヒオ・アグエロです。

そして、その期間にハットトリックがゼロなのは、ユナイテッド以外はわずかブライトンとシェフィールドユナイテッドの2チームのみです。。。

そこで、サンチョのハットトリックに、ユナイテッド・ファンは盛り上がりました。

「おお、ジェイドン・サンチョはロビン・ファン・ペルシ以来初のハットトリックを決めたユナイテッドの選手になった!」

ユナイテッドは、次の移籍ウィンドウではウィンガー獲得を最優先としています。そして、本紙の情報では、サンチョはマンチェスターに戻ることを希望しています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント