セルチックのLBグレッグ・テイラーが「アンディ・ロバートソンが羨ましい」と告白(リバプールのチーム一行の優勝祝い風景を見て)

以下は、本日(6/29)のセルチックの地元紙グラスゴー・ライブの記事です。

■セルチックのLBグレッグ・テイラーが「アンディ・ロバートソンが羨ましい」と告白(リバプールのチーム一行の優勝祝い風景を見て)

セルチックのレフトバック、グレッグ・テイラーは、スコットランド代表チームの主将(チームメート)であるアンディ・ロバートソンについて「羨ましい」と告白しました。

それは、リバプールが先週木曜日にプレミアリーグ優勝を正式に決定した時に、ロバートソンがリバプールのチーム一行と一緒にホテルで祝勝パーティをしている風景が公表されたことです。

スコットランドリーグは3月に中断した後で、シーズン中止を正式に決定し、中断前に13ポイント差で首位だったセルチックの優勝が決定しました。

これは、ロックダウン中でチーム全員が自宅にこもっていた時に、メールで優勝が告げられたという結末でした。

「リバプールのチーム一行がみんなでお祝いしている様子を見て、羨ましいと思った」と、テイラーは語りました。

「我がチームはいまだにお祝いできてないのだから。それを考えると、リバプールの選手たちが羨ましい」。

「もちろん、我々はリーグ9連覇について誇りに思っている。ただ、そのリーグ優勝をファンと一緒に祝えないことはとても残念だ。せめてチームメート全員で一緒に祝いたいのだが、それもできていない」。

「今朝、アンディ(ロバートソン)にお祝いのメッセージを送った。それに対して、トレーニングの後でさっそく返信をくれた。」

「彼はチームメートと一緒にお祝いできたので嬉しいと思う」

「もちろん、それは彼がそれだけの働きをした結果だから、十分楽しむ資格を持っていると思っている。リバプールは本当に長いこと優勝を待っていたのだし」。

「我がチーム?ZoomとかFaceTimeとかで個別にちょこっとお祝いの会話をした程度で。チームは既に来季に向けて集中している。たぶん、今季の優勝はお祝いなしで終わると思う」

「僕にとっては初優勝だったので、優勝を誇りに思っている。優勝メダルは近々もらえると思うし」

テイラーは2019年9月にキルマーノックからセルチックに入り、今季は14出場を記録しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント