モー・サラーがプレミアリーグ優勝の喜びと、今後もリバプールに留まる決意を語る(出て行く噂に終止符)

以下は、本日(7/1)のリバプール・エコー紙の記事です。

■モー・サラーがプレミアリーグ優勝の喜びと、今後もリバプールに留まる決意を語る(出て行く噂に終止符)

モー・サラーは、2017年夏にリバプール入りして以来、連続得点王に輝く活躍を見せています。必然的に、ヨーロッパのビッグ・クラブがサラーを狙っているという噂は日常的に飛び交っています。

そして、そのような噂を吹き飛ばす言葉を、本人がBeIN スポーツのインタビューで語りました。

「リバプールで今後も長くプレイしたい」。

「僕はとてもとても嬉しい」と、サラーは語りました。「30年ぶりの優勝の感激は、とても言葉では表現できない」。

「ファンの方々が喜んでいる様子を見て、本当に嬉しい。喜んでもらえることは、我々にとってとても重要なことだから。アンフィールドのファンの応援、他のどのスタジアムとも違う」

「そして、我々はチームとしてお互いに理解し合っている。とても良い理解ができるようになっている。この調子を続ければ、我々はもっと多くの優勝杯を取ることが出来ると自信がある。今季のレベルを維持するのは難しいとは思うが、でも、不可能ではない」。

そして、今季のプレイヤー・オブ・ザ・シーズンは誰か?という質問に、主将の名を上げました。もちろん、サラーは2018年のプレイヤー・オブ・ザ・シーズンに輝きました。

「僕が選ぶとしたら、ジョーダン・ヘンダーソンだと思う。彼は主将だし、このクラブに8-9年も在籍している人だ」。

「その間、大変な時期も経験している。批判された時期も経験している人だ。」

「彼は、主将として我々チームメート全員から慕われている。彼は他の選手や、特に若手に対してヘルプを与えるような人だ」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント