リバプール2-0アストンビラ:ビラ監督のコメント「3人のサブのために我がチームの計画が崩された」

以下は、本日(7/6)のリバプール・エコー紙の記事です。

■リバプール2-0アストンビラ:ビラ監督のコメント「3人のサブのために我がチームの計画が崩された」

アストンビラの監督ディーン・スミスは、プレミアリーグ再開に際する暫定的ルール変更の一つである5人サブについて、ビッグ・クラブに有利なルールだと不満を語りました。

ビラはリバプールの攻撃を抑える戦術で臨み、71分まではその計画に沿ったプレイを見せました。

「シーズン途中でルール変更というのは不要なことだと思う」と、ディーン・スミスは語りました。「サブ5人というのは、選手層が厚いビッグ・クラブにとって有利に働く」。

「今日の試合では、ユルゲン・クロップが主力の3人をサブで出したことは、我がチームにとっては打撃だった。あの3人(ジョーダン・ヘンダーソン、ジニ・ワイナルドゥム、ロベルト・フィルミーノ)は本来ならばスタートする戦力だから。あの3人のサブが出てきて、リバプールのプレイが明らかに向上した」。

「それまではずっと、我がチームはリバプールに立派に対抗した。ただ、我がチームはゴール前であと一歩が出せなかったが」。

「試合の中で、あのようなプレイが出来れば、リバプール以外のどんなチームが相手でも勝てただろうと思うくらに良い出来だったと思っている。でも、リバプールはフィルジル・ファン・ダイクとジョー・ゴメスのペース、トレント・アレクサンダー・アーノルド、という守りを持っているのでそれを破ることは至難の業だ」。

「リバプールとの試合では、はっきりした計画を立てて臨んだ(※固い守りでカウンター)。チャンピオンとの対戦で真っ向から対戦するのは自殺行為というものだ」。

「我がチームにとって肯定的な点は、リバプールに対して対等なプレイをしたということ。それが出来るチームは決して多くないのだから」。

「ただ、我がチームはポイントが必要」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント