ユルゲン・クロップがリヤン・ブルースターのローンについて語る

以下は、本日(7/7)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ユルゲン・クロップがリヤン・ブルースターのローンについて語る

リヤン・ブルースターは1月からスウォンジーにローンに出ています。そして、現在までに7ゴールと活躍しています。

昨季はひざと足首の負傷のため苦戦したブルースターは、今季開始時点では復帰し、調整を続けました。そして、1月からは2部でファーストチームの試合を経験しています。

「リヤンの来季以降のことは、シーズン終了後に戻って来た時に本人とじっくり話をする予定」と、クロップは語りました。

「でも、今回のローンは非常に重要だったが、その重要なローンで成功を収めていることをとても嬉しく思っている」。

「彼はプロとしての初シーズンを悲惨な負傷で苦戦した。負傷からの復帰に長い期間が必要だった。だから、復調した時には、リバプールのチームで3番目のストライカーという位置にいるよりはローンの方が良かった」。

「本人にとっては、元の監督のところに行って試合に出られるチャンスを得たということで、とても喜んでいた。代表チームで一緒に働いたことがある監督のところに行けるのだから」。

「スウォンジーはブルースターに対して熱心だったし、それは若手ストライカーにとっては重要なことだ。若手は毎試合ゴールを出せるわけではないが、それでも試合に出してもらえるということはとても重要なことだ」

「スウォンジーではリヤンは才能を発揮して良い仕事をしている。そして、今後の動きについては、本人との間でじっくり話すことになるだろう」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント