北ロンドン・ダービー:トットナム・ファンが「レビー・アウト」の飛行機バナーを計画

以下は、本日(7/12)のアーセナル・ファンのアンオフィシャル・サイト(デイリー・カノン)の記事です

■北ロンドン・ダービー:トットナム・ファンが「レビー・アウト」の飛行機バナーを計画

今日のダービーで、トットナムファンはスタンドには入れませんが、その代わりに「レビー・アウト(※チェアマンのダン・レビーのクビを要求)」の飛行機バナーが現れることになっています。

それはなんと、トットナム・ファンは「リバプールと肩を並べるくらいのチームだった(のに、レビーが必要な戦力補強投資をケチったために落ちぶれた)」と信じているからだそうです!

まず、このトットナム・ファンの「勘違い」についてみてみましょう。

もちろん、トットナムは昨季、CL決勝でリバプールと対戦しました。

そして、ここ数年、トットナムはアーセナルよりもリーグ順位で上で終わっています。

でも、それがトットナムの全ての栄誉です。

リバプールは今季、30年間の長い待ちにピリオドを打ってプレミアリーグ優勝に輝きました。でもトットナムは、その待ち年月を間もなく60にしようとしています。

しかも、リバプールはヨーロピアン・チャンピオンだったシーズンにプレミアリーグ優勝を達成しました。CL決勝でトットナムを破った翌シーズンのことです。そして、トットナムは今季プレミアリーグでリバプールと43ポイント差を付けられています。この記事を書いている時点での数字で。

では、トットナム・ファンが飛行機バナーを飛ばす理由についての説明を聞いてみましょう。

「我々は、飛行機バナーを飛ばす必要性を痛感している。何故なら、CL決勝進出チームから、つまり、リバプールとほぼ肩を並べるほどのチームから、10ステップ後退したのだから」と、この飛行機バナーの責任者が説明しました。

「アーセナルよりも順位が上だったチームから、とうとうアーセナルよりも下になってしまった。しかもそのアーセナルは、1シーズンで3人の監督という近年で最悪と言えるシーズンだというのに。レビーは、チームが栄誉を目指すために戦力補強投資が必要だ。」

「だから我々は、この飛行機バナーを飛ばすことにより、クラブの深刻な状況に焦点を当てることを目指している。クラブが考えを改めることを目指している。それができるまで、我々は今後もバナーを計画するつもりだ」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント