プレミアリーグの2020-21季開幕は9/12?来季の日程などの詳細は来週のプレミアリーグのミーティングで決定へ

以下は、本日(7/14)のリバプール・エコー紙の記事です。

■プレミアリーグの2020-21季開幕は9/12?来季の日程などの詳細は来週のプレミアリーグのミーティングで決定へ

プレミアリーグの2019-20季はあと3試合を残す時点となりました。決まったのは優勝と2位、下の方では1チーム(ノリッジ)の降格です。それ以外の、トップ4の残り2枠などと、降格の残り2枠は残り3試合のハイライトとなります。

そして、今季が終幕した後に、来季はどのような日程となるかはまだ未定です。

現時点では、来週のプレミアリーグのミーティングで正式に決定することが期待されていますが、案としては9月12日開幕という方向が濃厚そうです。

その場合、今季終幕から7週間が空くことになります。その7週間で、各クラブは夏休みとプリシーズンの計画となります。

そして、夏の移籍ウィンドウに関してもまだ正式には未定ですが、現時点では、今季終幕の7月27日に移籍ウィンドウがオープンし、10月5日にクローズするという日程になりそうです。その場合、移籍ウィンドウが開いている期間は通常と同じとなります。

今回の夏は、多くのクラブがコロナウィルスにより財政的に打撃を受けていることから、近年のような大金の動きは疑問ですが、しかし各クラブにとって来季に向けての戦力補強のためには必須の期間となります。

もう一つ、検討されていることは、いつからどのような形で観客を入れるかということです。現時点では、観客の案は既に検討されており、来季のいつかの時点で実施されることが期待されています。

デイリー・メール紙の報道では、観客収容については「かなり検討が進んで」いるとのことで、具体案を決定して政府の許可を取り付ける方向に向かっているということです。

具体的には、観客の入場および退場のタイミングをシフト制にして、出入り口の混雑を避ける(ソシアル・ディスタンスを保てる)方策を検討しているということです。

また、観客数は各スタジアムの収容人数の25%以内とし、9月に施行を開始するというものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント