アンディ・ロバートソンがジョーダン・ヘンダーソンのテクニックは過小評価されていると語る

以下は、本日(7/18)のHITCSportの記事です。

■アンディ・ロバートソンがジョーダン・ヘンダーソンのテクニックは過小評価されていると語る

来週の水曜日に、ジョーダン・ヘンダーソンはリバプールの歴史に残る人物となります。

それは、1990年以来30年ぶりにリーグ優勝杯を掲揚する主将になることです。最後のリーグ優勝杯は、当時のクラブ主将だったアラン・ハンセンが掲揚しました。

そして、ヘンダーソンは今季のリバプールの快進撃のキー・マンとして30年ぶりの優勝に貢献しました。それは世間一般が評価していることです。

でも、アンディ・ロバートソンは、ヘンダーソンについて、世間が過小評価している面を指摘しました。

「テクニック面では、ヘンドは、僕がチームメートとして一緒にプレイした中では、最も過小評価されている選手」と、ロバートソンは語りました。

「彼のハードワークぶりは誰もが評価している。でも、テクニック面に関して言えば、僕がリバプールに入ってすぐに、驚愕したのが彼のテクニックだった」。

ヘンダーソンは負傷のため今季中の復帰は無理と診断されています。しかし、水曜日のチェルシー戦の後に予定されている表彰式では、クラブ主将として優勝杯を掲揚することはユルゲン・クロップも宣言しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント