リバプールが優勝杯を掲揚の場に家族を入れる計画、プレミアリーグの許可を得る

以下は、本日(7/21)のリバプール・エコー紙の記事です。

■リバプールが優勝杯を掲揚の場に家族を入れる計画、プレミアリーグの許可を得る

昨日、リバプールのクラブが、水曜日のチェルシー戦の後に予定されているプレミアリーグ優勝杯授与式に、家族の立ち合いを計画していることが伝えられました。

そして、火曜日に、プレミアリーグはリバプールFCの申請に対して許可を与えたのでした。

残るは、グランドの安全性を確保する団体(GSAG)の許可が下りれば、リバプールの計画は実現することになります。

再開後のプレミアリーグの試合では、試合に際してスタジアムには最大300人までの人員という制限が課されています。この300人は両チームの選手やコーチ、医療スタッフと、スタジアムの警備などのスタッフおよび報道陣もすべて含んだ数字です。

しかし、優勝杯の授与式に置いて、特例として限られた数の家族の同席という許可を申請しているということです。それに際して、座席はソシアルディスタンスを維持するなどの条件を付けています。

この申請が最終的に通るかどうかは火曜日の午前中に判明する予定になっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント