プレミアリーグ2019-20季最終日:トップ4争い

以下は、本日(7/26)のBBCスポーツの記事です。

■プレミアリーグ2019-20季最終日:トップ4争い

一時は再開があやぶまれたプレミアリーグは、再開の後は順調に残り92試合の消化が進みました。そして今日はいよいよ最後の10試合となりました。

さて、最終日の見どころの中で、トップ4争いを見てみましょう。

●トップ4争いの行方はいかに?

リバプールの優勝とマンチェスターシティの2位は既に決まっているため、残り2枠を3チームが争うことになります。

<順位表>
マンチェスターユナイテッド 63 28(トップ4のオッズ:88%)
チェルシー         63 13(トップ4のオッズ:88%)
レスター          62 28(トップ4のオッズ:70%)

<今日の対戦>
レスターvマンチェスターユナイテッド
チェルシーvウルブス

マンチェスターユナイテッドは、レスターに負けなければトップ4が確定します。

チェルシーは、ウルブスに負けなければトップ4が確定します。

レスターは、マンチェスターユナイテッドに勝てばトップ4が確定します。

マンチェスターユナイテッドがレスターに勝った場合、チェルシーはウルブスに負けてもトップ4が確定します。

マンチェスターユナイテッドがレスターに引き分けた場合、チェルシーは負ければ得失点差で上のレスターに抜かれるため、引き分けが必須となります。

レスターがマンチェスターユナイテッドに勝った場合、チェルシーは負ければ得失点差でマンチェスターユナイテッドに劣るため、引き分けが必須となります。

尚、EL出場枠はFAカップ決勝(チェルシー対アーセナル)およびCL,ELの残り試合により影響を受けるため、プレミアリーグの最終順位表の5位と6位の2チームが確定となります。

また、CLとELの優勝チームがどちらもイングランドのチームで、かつ、どちらもトップ4に入らなかった場合(※)には、4位のチームがEL落ちとなる規定も適用されます。
※例:チェルシーが5位でCL優勝し、ウルブスがEL優勝した場合、チェルシーとウルブスが来季のCL出場権を獲得し、4位のチームがEL落ち

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント