プレミアリーグ2019-20季最終日:残留4争い

以下は、本日(7/26)のBBCスポーツの記事です。

■プレミアリーグ2019-20季最終日:残留4争い

さて、では次に、最終日の見どころの中で、残留争いを見てみましょう。

●涙の最終日-残留できるのは誰?

通常は、TVカメラがスタンドで涙を流すファンをクローズアップします。でも今日は残念ながら観客無のスタジアムで厳しい残留争いの決着がつくことになります。

現在までに、既に来季の2部行きが決まっているのはノリッジです。

そして、残る2枠を避けるための熾烈な残留争いは、3チーム間で行われます。
<順位表>
アストンビラ 34 -26(降格のオッズ:28.5%)
ワトフォード 34 -27(降格のオッズ:77.5%)
ボーンマス  31 -27(降格のオッズ:95%)

<今日の対戦>
エバトンvボーンマス   
ウエストハムvアストンビラ
アーセナルvワトフォード 

ビラはワトフォードと同ポイントの得失点差で17位ですが、対するウエストハムは何も賭けていない状況で最終日を迎えます。

ワトフォードはFAカップ決勝戦を控えているアーセナルとの対戦で、ボーンマスは同じく何も賭けていないエバトンとの対戦となります。

ボーンマスは、残留するためにはエバトンに勝つことが必須ですが、勝った上でビラとワトフォードの両方が負ける必要があります。その条件が揃った場合は、ボーンマスが残留し、ビラとワトフォードが落ちることになります。

ワトフォードが残留するためには、ビラよりも良い結果が必須です。つまり、ビラが引き分けた場合は勝ちが必須、ビラが負けた場合は引き分けです。

ビラとワトフォードが両方買った場合は再び得失点差がキーとなります。現時点では得失点差でビラが1点上のため、ワトフォードはビラよりも2点以上の差で勝つことが必要となります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント