プレミアリーグ2019-20季最終日:得点王、ゴールデングラブ、その他の見どころ

以下は、本日(7/26)のBBCスポーツの記事です。

■プレミアリーグ2019-20季最終日:得点王、ゴールデングラブ、その他の見どころ

残留争いとトップ4という熾烈な戦い以外にもいくつか見どころがあります。

●得点王:イングランド人選手が1.2位を占める?

<現時点の得点王ランキング>
ジェイミー・バーディ(レスター)  23
ダニー・イングス(サウサンプトン) 21
ピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル) 20
ラヒーム・スターリング(マンチェスターシティ) 19
モー・サラー(リバプール)     19

ジェイミー・バーディは8年前にはノンリーグのフリートウッド・タウンの選手でした。そして今日は、プレミアリーグの得点王に王手をかけています。

現在の順位表のまま終わった場合、1.2位がイングランド人選手が占めることになりますが、これは1999-2000季のケビン・フィリップス(サンダーランド)とアラン・シーラー(ニューカッスル)以来の記録となります。

●ゴールデングラブ:ニック・ポープ

<現時点のゴールデングラブランキング>
ニック・ポープ(バーンリー) 15
エデルソン(マンチェスターシティ) 15
ルイ・パトリシオ(ウルブス)    13
ディーン・ヘンダーソン(シェフィールドユナイテッド) 13
アリソン(リバプール)       13

ゴールデングラブ賞は、もし上位2人が同じクリーンシート数で終わった場合は2人揃って受賞となります。

そして、もしニック・ポープが同賞を受賞した場合、イングランド人GKの受賞は2014-15季のジョー・ハート(マンチェスターシティ)以来となります。

●その他:レジェンドの最後の試合:ダビド・シルバ(マンチェスターシティ)

ファンがいないスタジアムでのお別れとなりますが、ダビド・シルバはプレミアリーグでの309試合目を達成した場合、おそらく感涙を止めるためにこらえることになるでしょう。

現在34歳のダビド・シルバは、マンチェスターシティでの10年間で11の優勝杯を記録し、マンチェスターシティのクラブ史上に残るレジェンドの一人として最後の試合を迎えることになります。

●その他:2位との最大ポイント差(19)の優勝?

新チャンピオンのリバプールは、2017-18季のマンチェスターシティの2位との最大ポイント差(19)を争ってニューカッスル戦に臨みます。

現時点ではリバプールは2位のマンチェスターシティとは18ポイント差です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント